FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痴漢→暴行?

 今日の産経新聞によりますと,新千歳発羽田行きの航空機内で,隣席の女性の太ももを触ったとして,70歳の男性が暴行罪で逮捕されたようです。

 新聞でも解説されていますが,このような痴漢は,各都道府県の迷惑防止条例違反として処罰されるのが一般的です。

 犯罪地の迷惑防止条例違反が適用されますので,犯罪地の特定が必須なのですが,昨年9月にあった高松発羽田行き航空機内での盗撮事件(これも条例違反)では,途中の兵庫県の迷惑防止条例違反として現行犯逮捕されましたが,検察が犯罪地が兵庫県内ではないとして釈放・不起訴となっています。

 よく,電車内における痴漢行為は,電車は隣県にまたがって走行することもあり,継続的に痴漢していたら,2つの都道府県の迷惑防止条例違反で処罰されています。

 本件も,お空の上での犯罪ですから,犯罪地を特定するのは難しく,暴行罪で現行犯逮捕という苦肉の策に出たのでしょう。

 しかし,この「暴行罪」は,身体の安全性を保護する危険犯だという考え方があり,この太ももを触ったという行為は,不快嫌悪を催される行為で,軽微な有形力の行使であるという考え方もできるのでは?と思います。

 最終的には,暴行罪で起訴されるのだと思いますが(前科・前歴の有無は分からないものの,恐らく罰金求刑),以前書きました強制起訴された徳島県の町長のように,軽微と捉えられたら,「罰金」ではなく,「科料(罰金より軽く,上限は9,999円)」になる可能性があると,個人的に考えています。
 弁護士もそういう争い方をするのではないかと。

 やる気のない弁護士なら,そのまま罰金で終わるでしょうが(汗)
                         [用心棒のぼやき]
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ご感想・ご質問はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。