FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信書隠匿

 今日の朝日新聞デジタルによりますと,岐阜県にある笠松刑務所の女性看守が,外部から受刑者宛てに送られてきた手紙計130通を,勝手に裁断処分したとして,信書隠匿容疑で書類送検されたそうです。

 この笠松刑務所は,女性刑務所ですので,受刑者は女性ばかり。ですから,刑務官も殆どが女性です。

 受刑者の楽しみといえば,月に一度の面会と手紙です。

 しかし,この手紙は,刑務所で検閲しますので,全てが届く訳ではありません。

 この検閲が問題なのですが,それは後日の話としまして,この刑務所,同日付けで発表があったのが,受刑者が発信しようとした手紙を,部下に処分させた前首席矯正処遇官も懲戒処分されていたとか。

 一般の人が立ち入れない刑務所内でやりたい放題の感じもします。

 この首席矯正処遇官は,矯正でいう階級でいいますと「看守長」で(矯正副長のケースもある),いわゆる課長クラスといったところでしょうか。

 43歳で首席だったようですから,なかなかの出世。

 ほんと,馬鹿な事を指示して,出世は閉ざされましたね…

 刑務所での話も多少聞いています。

 食事の話とか,その他もろもろありますので,次の機会にお話します。
                             [用心棒のぼやき]
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ご感想・ご質問はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。