FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブレターによるストーカー事件

 JーCASTニュースによりますと,先週,41歳の無職の男が,若い女性に恋心を募らせ,交際を求めてラブレターを渡し続けていたとして,ストーカー規制法違反(つきまとい)で逮捕されました。

 容疑は,はっきり受け取りを拒否されたのにも拘わらず,その後もラブレターを2回渡そうとしたためだとか。

 男は,計5通渡していたようです。

 ストーカー規制法2条1項3号では,「面会,交際その他義務のないことを行うことを要求すること」が「つきまとい等」と定められています。

 ストーカー行為を行った者は,6月以下の懲役または50万円以下の罰金(13条1項)です。

 この辺り,禁止命令等に違反してストーカー行為をした者とは刑罰が違います。

 しかし,今回問題となっているのは,被疑事実の2通の手紙で,逮捕するのかということです。

 違反しているのですから,当然は当然です。

 でも,何でもかんでも逮捕なのか?という声も。

 また,男は,警察が発表して実名報道されたようです。

 本件の状況が分かりませんから,妥当であったかどうかは分かりません。

 被害者のお気持ちもあるでしょうし。

 私が思いますのは,今まで被害申告しても相手にしてくれなかったのが,ストーカー殺人等が起って,世間で叩かれだしたから,何でも逮捕というなら,これについてはおかしいのでは?と思います。

 逮捕しないと分からない輩がいるのも間違いないのでしょうが…
                           [用心棒のぼやき]
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ご感想・ご質問はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。